不景気の時代

かのバブル経済が弾けて以来、かれこれ20年近くの歳月が流れましたが、この間日本はかつてなかったほどの長い不況に見舞われました。一部の層を除いて収入が増えなくなったばかりか、企業の収益も減り、そして就職が困難となっていきました。当然各家庭も家計を切り詰め、支出を減らすようになってきました。こうなると当然経済が縮小していきます。長きにわたる高齢化、少子化もそれに追い討ちをかけました。
各家庭の収入が減ると、当然出費を抑えます。そうなると物が売れなくなります。物が売れなくなると、売り手は商品の値下げをせざるを得なくなります。商品の値が下がると店やメーカーといった企業の収益が下がります。企業の収益が下がると、従業員の給与も減ります。給与が減ると、当然各家庭の収入が減ります。各家庭の収入が減ると…といった感じで螺旋状に繋がっているのがわかるでしょうか。これがデフレスパイラルと呼ばれるもので、一旦これに浸かってしまうと出口のない不況に見舞われてしまうと言われています。最近でも安い牛丼などのランチ、格安のジーンズなどが登場していますが、これもこのデフレのもたらした産物です。こうした格安製品の登場は、一見すると消費者にとって朗報に見えます。ですが日本経済全般を考えると、決して好ましい現象ではありません。ちなみに先進資本主義国で不況時にこうしたデフレスパイラル現象が発生したのは、日本が最初だとも言われています。日本人の貯蓄が好きで財布の紐が固いという国民性が影響いるとも言われますが、いずれにしても日本の経済を考えれば非常に由々しき事態だといえます。こうしたデフレを解消することが、不景気を脱する方法の一つだと言ってもいいでしょう。
戦後の日本経済は、基本的にインフレ傾向でした。物価は上がりましたが、それと同じか、またはそれ以上に速いペースで収入が増えていきました。言い換えればそれ故に日本経済は急速に発展をしてきました。多くの日本人がインフレ時代を上手く乗り切って財産を増やしてきたといえます。ですが現在はこうしていよいよ本格的なデフレ時代に突入したといえます。このように長きにわたったインフレ時代を乗り切ってきた我々日本人の多くが、今度はデフレに直面して苦しんでいます。インフレに慣れきった私たちが突如やってきたデフレに対応できないのも当然です。
現在不景気に関するニュースを多く耳にしますが、これらは結局デフレに対応できなかったが故に生じた結果です。企業倒産然り、経営破たん然り、また個人の借金やカード破産、債務整理といったキーワードも皆そうです。デフレに対応できなかった企業は倒産するかそこまでは行かなくても経営不振に陥るか、売り上げを大きく減らしたり、人員削減に取り掛かるしかなくなります。個人で言うなら失業したり、自分で創業した事業を失うことになったり、また個人的に破産して債務整理や任意整理に着手しなければならない事態となってしまいます。
いずれにせよ、この不景気の時代を必死で生き残る覚悟が必要となっています。いままでの常識は通用しません。もはや私たちの尻に火がついているといっても言い過ぎではありません。自分の経営する会社が倒産したり、自身が多額の借金を抱えて債務整理を行わなければならなくなった、とかいったことにならないように、覚悟を決めていかなければならないのです。

pickup

オーストラリアをはじめとしたニュージーランドやカナダでのワーキングホリデー留学

ワーキングホリデー オーストラリア

優良な石材店のみが登録されています。

墓石 佐賀

留袖などの着物のレンタルは創業50年の貸衣裳店運営の留袖マイセレクトまで

留袖

最終更新日:2017/7/13