民事再生とは

皆さんは債務整理、任意整理といった言葉を聞いたことがありますか。債務整理、任意整理とは簡単に言えば、何らかの理由で負債が増えて自力での返済が不能となったときに、裁判所に申し立てて行う方策です。目的は勿論借金の返済、及び整理となります。万が一皆さんがあまりに多額の負債によってその返済が不能となったときのために、知っておいてもよい制度ではあると思います。
恐らく多くの人がこの債務整理という言葉を聞いたことがあって、債務整理とは何か、なんとなくイメージできるのではないかと思います。ですが一口に債務整理と言っても実はその内容と種類には幾つかの異なった方法とパターンがあるのです。その債務整理の種類に関しては、多くの人がご存じないかと思います。そこでここでは債務整理の種類について、順を追って紹介していくことにします。
債務整理の中には民事再生と呼ばれるものがあります。民事再生とは簡単にまとめて言えば、債務額を100万円または5分の1に圧縮し、原則3年間で返済する手続です。わかりやすい例を挙げてみれば、例えば100万円の借金があるとしたら、手続きを経て20万円になるということです。これは多額の負債に悩む人たちにとっては大きな福音だと言えます。
この民事再生は裁判所に申し立てることによって行います。そこで定められた一定の手続を行い、指定の書類を集めて提出し、そして審査を経て借金を圧縮することができます。また民事再生は同じ債務整理の手段の一つである自己破産と比べて大きな相違点があります。自己破産が債務整理の過程で、不動産を中心とした自分の財産を没収されてしまうのに対し、民事再生は自分の財産を没収させることがありません。ただし、民事再生の申し立てを行うための条件としては、一定の収入があることが求められます。ですがその条件もかなり軽いものと言ってよく、たとえ民事再生申立人がフリーターであっても可能です。になります。借金の額が非常に大きく、返済が非常に困難であっても、それでいながら自分の財産を守りたい、失いなくないという人にはお勧めで、実際に債務整理を行うという際に第一に考えてもいい制度だといえるでしょう。

債務整理の手段としての民事再生にはもうひとつ、自己破産とは異なる際立った特色があります。それはマイホームを処分しなくてもよいこと、言い換えれば民事再生申立人のマイホームを守れるということです。たとえ住宅ローンが残っていても、ローンを今までと変わりなく通常どおりに返済していくことで、銀行などによる差し押さえなどもなく、返済していくことが出来ます。折角苦労してマイホームを手に入れた人などには大変便利でまた有り難い制度になっています。

注目サイト

ロレックス サブマリーナ 買取

Last update:2015/10/15